sponsored

今や、K-POPP男性グループの追っかけおばさんばかりになった日本からの訪韓客、日本が嫌がることを、韓国政権自らが出し続けていることから当然の結果だろう。

韓国・中央日報紙は次のとおり掲載している。
韓国に対する日本人観光客の選好度がますます下落していることが分かった。
16日、韓国観光公社の「個別観光客(FIT)誘致環境総合診断調査報告書」によると、日本人の海外旅行先の調査結果で韓国の順位が下落した。

2014年韓国は日本人旅行訪問先の調査で5位となったが、2015年には9位、2016年には10位にとどまった。
韓国は、アジア諸国のうち唯一上位にランクされた国だったが、少しずつ順位が下がり、昨年には台湾にも追い越された。

日本人観光客が、韓国から目をそらす要因は、
1、「韓流以外に興味深い対象が必要だ」という指摘が31.4%(複数回答)と最も多かった。
2、「円安(29.7%)」
3、「良い印象がなくて再訪問の意思がない(25.8%)」
4、「経済・時間的余裕がない(11.1%)」
5、「悪化した日韓関係(9.8%)」
なども韓国を訪れない理由に選ばれた。
以上、
反日を明確にするほど、日本人は遠ざかる。自然な成り行きだろう。
その韓国からの訪日客が今年700万人(総人口5100万人)に迫ろうとしている。韓国の人たちもロウソク民心の韓国そのものに疲れ、嫌気が指しているようだ。すでに在日の人からも嫌われている。

韓国の日本に対する文化制裁(韓国独立後から続く)、ここ10年の反日姿勢強化に、日本も実質文化制裁報復の韓流ドラマ放映の激減、星のなんちゃらは中国で爆発的ブームをもたらし、観光客が韓国へ押し寄せたが、日本で知る者はほとんどいない。
歌詞に「ぴかっ」という日本語の擬音が入っただけで、TV放送禁止になる現実の現在の韓国の放送業界である。異常としか言いようがない。