sponsored

既報。食肉卸・養豚場運営の(株)なんえつミート(商業登記簿上の本店所在地:福井県越前市藤木町第*** )は11月27日、福井地裁において破産手続きの開始決定を受けました。

同社は昭和60年12月設立の食肉卸売および養豚場の経営業者。(有)成田ファーム(元・成田畜産)を平成25年吸収して養豚業も併営していた。

自社ブランド「越前旨香豚」を核に、食肉を小売店や農協関係と名度に販売していた。

しかし、今年7月に越前市内の養豚場で豚コレラが発生、福井県の防疫措置により、同社の養豚場の豚も全頭殺処分となった。そのため食肉販売事業での売上高が急減し、経営できなくなり、今回の事態となった。

破産管財人には、川上賢正弁護士が選任されているとのこと。

破産債権の届出期間は令和元年12月27日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は令和2年2月25日午前10時5分。

事件番号は令和元年(フ)第249号となっています。

 

既報記事
越前旨香豚の(株)なんえつミート(福井)/自己破産へ 豚コレラ被害