米国のランキング調査専門メディア「USニューズ&ワールド・レポート」が世界中のおよそ2万人を対象に「2020年最高の国家(2020 Best Countries)」を尋ねるアンケート調査を実施した結果を発表。その結果、スイスが対象73ヶ国・地域のうち1位になった。スイスは4年連続で首位を守っている。
2位はカナダは一つ順位を上げ、3位は日本で前年の2位から落ちた。そのほか、ドイツ、オーストラリア、イギリス、アメリカ、スウェーデン、オランダ、ノルウェーがトップ10にランクインした。

USニューズは、国家の繁栄は継承されたものではなく、創造されたもの。 古典的な経済学が主張するように、それは国の自然の恵み、労働力のプール、金利、または通貨の価値から成長するものではない。

国家の競争力は、業界の革新とアップグレードの能力に依存している。 企業は、プレッシャーと挑戦のために、世界最高の競合他社に対して優位に立つ。 彼らは、強力な国内ライバル、積極的なホームベースのサプライヤ、および地元の顧客の要求から恩恵を受ける。

sponsored

ますますグローバル化する競争の中で、国家はますます重要になっている。 競争の基盤が知識の創造と同化にますますシフトするにつれ、国は成長いる。
高度にローカライズされたプロセスを通じて、競争上の優位性が生み出され、維持される。
国の価値、文化、経済構造、制度、および歴史の違いはすべて、競争上の成功に貢献する。

各国の競争力のパターンには著しい違いがある。 すべての、またはほとんどの産業で競争力のある国はない。最終的に、国は特定の産業で成功する。なぜなら、彼らの家庭環境は最も先見性があり、ダイナミックで、挑戦的だからだとしている。
以上、

日本は過去の遺産は剥離し続けることから新たなる創造性の資産が問われている。

 

2020 Best Countries Overall
1
スイス
2
カナダ
3
日本
4
ドイツ
5
オーストラリア
6
イギリス
7
アメリカ
8
スウェーデン
9
オランダ
10
ノルウェー
11
フランス
12
デンマーク
13
ノルウェー
14
フィンランド
15
中国
16
シンガポール
17
イタリア
18
オーストリア
19
スペイン
20
韓国
21
ルクセンブルグ
22
UAE
23
ロシア
24
ポルトガル
25
インド