sponsored

既報。果物・野菜の選果・選別機械製造の白柳式撰果機(株)(所在地:静岡県浜松市北区初生町*** )は1月9日、静岡地裁浜松支部において再生手続廃止の開始決定及び保全管理命令を受けました。

民事再生申請時の負債額は約5億円。

同社は昭和28年創業のミカンなどの果物類や野菜類の選果選別機製造業者。農協を販路に全国へ販売し平成26年2月期には18億円の売上高を計上していた。しかし、最近は技術者不足に陥ったり、焦げ付きが発生したりして、経営不振に陥り、事業譲渡も含めてスポンサー探しをするため、民事再生申請、開始決定を受けていたが、一転、民事再生廃止となった。

保全管理人には渥美利之弁護士(所在地:静岡県浜松市中区中央2丁目10番1号 浜松青色会館4階 渥美利之法律事務所)が選任されている。

事件番号は令和元年(再)第2号となっています。

 

既報記事
追報:白柳式撰果機(株)(静岡)/民事再生申請