アイコン 新コロナ破綻 7月も含め6ヶ月連続して100件超

Posted:[ 2021年7月27日 ]

企業調査の東京商工リサーチは27日、26日16時時点まての「新型コロナ」関連経営破たん(負債1,000万円以上)が6件判明し、全国で累計1,734件(倒産1,632件+事後処理弁護士一任・法的破綻手続き準備中102件)となった。

今年の月別では1月は93件だったが、2月は122件、3月は139件、4月は154件と3ヶ月連続で最多件数を更新した。

5月は124件と2021年1月以来4ヶ月ぶりに前月を下回ったが、6月は4月を上回る155件で、過去最多を記録した。

7月も26日時点で104件判明し6ヶ月連続で100件を上回り、引き続き高いペースとなっている。

以上、東京商工リサーチの発表分




新コロナは、飲食や旅行宿泊関係などサービス産業を直撃しているが、そうしたサービス産業に直結した食材卸、酒類飲料卸会社など、また花屋さん、花卉農家さんも打撃を受けている。

アパレル業界も深刻だ。規制強化による打撃により、どこかしこも大きく売上高を落としており、販売のほか卸や製造会社も破綻が続出している。

服飾・雑貨などの店舗も飲食店同様、行政が閉店を命じれば、当然、補償すべきだろうが、同業界は何も発せず、国も見向きもしていない。家賃ばかりが経営をさらに苦しめている。

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。