アイコン トキハインダストリー「ネットスーパー」オープン

トキハインダストリー(大分市、右田良一社長)は、6月1日から「ネットスーパー」をスタートさせると発表した。
県内全域(離島含む)を対象としており、生鮮食品や日用雑貨、酒など約3千品目を店頭と同じ価格で販売する。自宅の近所に店がなかったり、かさばるもの、重たいもの、育児や介護、仕事などで店に行くのが難しいなどといった顧客ニーズに対応した試みである。大手運送会社に配送を委託する。

締め切りは当日の午前8時。大分市内は最短で午後4時、市外は午後6時に商品が届くようにする。支払い方法は着払いかクレジット決済。利用には会員登録(無料)が必要。配送料は315円(税込み)だが、購入金額の合計が5千円を超える場合は無料(開始から3カ月間は3千円以上で無料)。
商品は「あけのアクロスタウン」(大分市)から発送する。
購入は、トキハインダストリーのホームページにアクセスし、「ネットスーパー」の画面を開いて注文する。画面は3日ごとに更新。折り込みチラシに掲載された期間限定商品も注文が可能である。同社は「月間約2千件の受注が目標。高齢者が多い地域でのメリットは大きいのではないか」と話している。九州でも本格的なネットスーパー到来である。

ネット世代への交代は進んでおり、若い人は特に何から何までネットで購入している。楽天が大儲けしているのも顧客ニーズに合致した商品が販売されているからである。トキハインダストリーの挑戦もやり方次第では、全国を対象とした大掛かりな産直品スーパー開設(配送料を取ればよい、カード決済限定)も喜ばれるであろう。いいちこや二階堂のように全国ブランドになってもらいたい。

 

[ 2010年4月 5日 ]
モバイル
モバイル向けURL http://n-seikei.jp/mobile/
スポンサードリンク