アイコン 追報:(株)エムエスジャパンサービス(埼玉)/自己破産へ

 

スポンサード リンク
 

自動車などの工具部品輸出入の(株)エムエスジャパンサービス(埼玉県川口市南鳩ヶ谷6-15-15、代表:マルコ・スタチオーリ)は9月3日事業停止、事後処理を市来陽一郎弁護士(電話0120-566-564)ほかに一任して、自己破産申請の準備に入った。

負債額は約16億円。

同社は平成5年3月設立の自動車や機械の工具および部品の輸出入業者。主にイタリアメーカー製を扱い、自動車関連企業へ卸販売し、平成30年12月期には約17億円の売上高を計上していた。

しかし、塗装ブースや3次元計測装置販売など業容を拡大させていたことから、資金繰りが旺盛であったが、金融機関が資金支援してくれず、資金繰りに行き詰まり今回の事態に至った。

追、事業拡大局面、金融機関は業績内容を精査し、よければ支援すべきであったと思うが・・・。内容に問題がなければ、今の時世、当該の銀行は早期に淘汰されることだろう。

[ 2019年9月 5日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ