アイコン 要約版 (株)シヨツピングセンター池忠(大阪)/自己破産申請 IKECHU

 

スポンサード リンク
 

破綻企業:(株)シヨツピングセンター池忠

所在地:大阪府堺市堺区向陵西町1-8-21、

代表:池本克也氏

設立:創業:昭和41年、昭和48年12月法人化

資本金:3000万円、

従業員:100名

業種:スーパーマッケートIKECHU6店舗のほか計13店舗の運営会社

売上高:平成13年8月期は約126億円、平成30年8月期は約0億円。

破綻内容:9月29日事業停止

申請裁判所:9月30日、大阪地方裁判所へ自己破産申請。

申請代理人:上甲悌二弁護士(弁護士法人淀屋橋・山上合同、大阪市中央区北浜3-6-13、電話06-6202-4776)ほか。

負債額:約10億円

 

破綻事由等:

同社は堺市や高石市など南大阪で地域のスーパーマーケットとして6店舗経営していたほか、酒類販売店、喫茶店、フラワーショップなど計13店舗も運営し、以前は126億円の売上高を計上していた。しかし、大型量販店の進出や長期不況により売上不振に陥り、同社は平成16年2月に負債額約40億円を抱え、民事再生法の適用申請を行い、平成19年9月に民事再生を終結させていた。

その後、財務体質は脆弱ながら経営を続けてきたが、営業エリアへの同業者の進出は続き、競争も激しくなる一方、最近は人手不足で運営コストも上昇、採算性の低迷が続き、消費増税に伴う設備投資負担ができず、今回の申請となった。

追、ぎりぎりで経営していた場合、消費増税に対する設備コストもかなりかかり、経営が耐えられないこともあるだろう。レジに対しては貸付してくれるものの、その後、返していかなくてはならず、先が見通せなかったのだろう。

シヨツピングセンター池忠が破産 消費税増税に対応できず

[ 2019年10月 2日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ