アイコン SONY 長崎工場を大拡充へ 1000億円投資 CMOSイメージセンサー工場

 

スポンサード リンク
 

ソニーは1000億円投資し、イメージセンサーと呼ばれる画像用CMOS半導体を生産する新工場を長崎県に建設する検討を進めている。

CMOS半導体は、スマートフォンのカメラなどに使われる。スマホに複数のカメラが搭載され始め、需要が拡大していることに対応する。新工場は2021年度以降に稼働する見通し。

画像用半導体の売上高でソニーは世界シェア5割。生産能力を増強し、25年度までにシェアを6割に引き上げたい考え。
 ソニーは現在、熊本、長崎、大分、山形の4県でCMOS半導体を製造しており、月間生産能力(300ミリウエハー換算)は10万枚程度。

既に長崎県諫早市にある工場の隣接地を取得しており、新工場の建設用地とみられる。

以上、

CMOSセンサー=半導体は、完全自動運転車の目となる必須アイテム、半導体巨額利益を溜め込んだサムスン電子が虎視眈々と狙っている。

[ 2019年10月30日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ