アイコン 建設業の(株)イトウ(長野)/民事再生申請へ 事業継続

 

スポンサード リンク
 
 

建設業の(株)イトウ(長野県安曇野市穂高4486-8、代表:小林繁則)は2度の不渡りを発生させ銀行取引停止処分を受け、今後、民事再生法の適用申請を行う予定。

負債額は約20億円。
 
同社は昭和25年創業した土木・建築の地場ゼネコン。官公庁や民間からの受注により、以前は31億円以上の売上高を計上していた。
しかし、その後は官公庁工事が減少、競争も激化し採算性が悪化、分譲地開発事業や介護施設の運営事業にも乗り出し、平成30年5月期の売上高は15億円台まで減少していた。ただ、分譲地開発や介護施設開設(別法人)などで資金の固定化を招き、経営改善を図っていたものの、厳しい資金繰りが続いていた。
 
追、売上高が一定あり、固定資産の評価は別にしても粉飾などなければ、民事再生は可能と見られる。
(株)イトウの財務内容と業績 平成30年5月期/千円
流動資産
1,323,260
流動負債
1,330,361
 
 
固定負債
209,963
固定資産
712,815
自己資本
495,751
 
 
(資本金)
30,000
総資産
2,036,075
負債+資本
2,036,075
売上高
粗利益
経常利益
自己資本率
1,598,213
200,466
6,446
24.3%
・建築・土木工事業ほか
 

[ 2019年11月28日 ]
スポンサード リンク
 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産