sponsored

気象庁が23日発表した予報によると、台風第21号の影響で24日は小笠原諸島では、大荒れや猛烈なしけ、大雨となるおそれがあり、台風の進路等によっては、25日から26日にかけて、関東甲信地方でも大しけとなるおそれがある。

また、東日本と西日本では、低気圧の発達の程度等によっては大雨となる所があると注意を呼びかけている。

 

台風21号 10月24日04時の実況
大きさ
非常に強い
存在地域
父島の南南西約140km
中心位置
北緯 25度55分(25.9度)
東経 141度50分(141.8度)
進行方向、速さ
30km/h(15kt)
中心気圧
950hPa
中心付近の最大風速
45m/s(90kt)
最大瞬間風速
65m/s(130kt)
25m/s以上の暴風域
全域 110km(60NM)
15m/s以上の強風域
全域 280km(150NM)
 
1024_02.jpg
 
↓東北沖の低気圧は台風20号崩れで海は荒れている。
1024_03.jpg