有楽不動産は、独立行政法人日本スポーツ振興センターから、竣工した新スタジアム「国立競技場」の施設管理業務を受託し、2019年12月1日から管理を開始している。

「国立競技場」(2019年11月竣工)は、旧国立競技場の歴史を受け継ぐ、日本を代表する競技施設。20東京五輪ではメイン会場となる。
その施設管理業務を、同社を代表と(株)シミズオクト(新宿区)とセコム(渋谷区)の3社JVで受託した。
旧国立競技場における施設管理・運営業務の経験と実績を最大限に活かし、全てのアスリートが最高の力を発揮できるよう、様々なスポーツイベントの円滑な開催を支えるとしている。
大成建設は2年足らずでよく完成させたものだ。
sponsored

 

新国立競技場 施設概要
所有
独立行政法人「日本スポーツ振興センター(JSC)」
所在地
東京都渋谷区千駄ヶ谷1ほか
敷地面積
約11万3千平方メートル
建築面積
約7万2400平方メートル
延床面積
約19万4千平方メートル
建物
競技場・20東京五輪メイン会場
地上5階
地下2階
高さ47.4メートル
座席数 6万席
施工
大成建設
設計
意匠デザイン:隈研吾建築都市設計事務所
建築設計:隈研吾建築都市設計事務所+大成建設+梓設計JV
本体着工
平成28年12月
竣工
令和元年11月
運営主体
JSC
施設管理運営
大成有楽不動産+シミズオクト+セコムJV(受託業務)

1221_03.jpg