中東・レバノンの首都ベイルートの港で4日現地時間午後6時5分ころ、大規模な爆発があり、多数の死傷者が出ている。
原因は明らかになっていまないが現地メディアは、数年前に押収された爆発物が倉庫に保管されていたことから、その爆発物が爆発した可能性を伝えている。
港での爆発は2度続いて発生し、2度目の爆発がより大きな爆発だったとされている。

現地からの映像では港から数キロ離れたベイルート中心部でも建物の窓が割れ、道路上にガラスが散乱している様子が確認できる。

現地から2キロあまり離れたセントジョセフ病院は、爆風で破壊され、負傷者を救護医療活動ができない状態だという。

ハマド・ハッサン保健相は確認された死者数を25人とし、3,000人が負傷したと推定した。数百戸の建物も破壊したという。
なお、現地メディアのAn-Naharは、50人以上死亡したと伝えている。

内務大臣のモハメッド・ファーミ氏は、硝酸アンモニウムが保管されていたと述べ、発火原因の調査を開始するという。
ベイルート港当局は、施設のいずれかが攻撃されたことを否定した。
当倉庫一帯はヒズボラも使用しているという。

sponsored


イスラエル 関与否定
レバノンの首都ベイルートで起きた大規模な爆発について、隣国イスラエルのアシュケナジー外相は、地元メディアに対し、「ベイルートからの報道を信じない理由はない。明らかに電気系統やその他の原因による火災で引き起こされた爆発事故だろう」と述べ、医療品等人道支援も開始したという。イスラエルの関与は否定した。

イスラエルは先月27日に国境地帯でレバノンのイスラム教シーア派組織ヒズボラに対して砲撃を行っていて、このところ両者の間で緊張が高まっていた。
(イスラエルには、モサドがあり、スパイを敵対するイランも含め中近東一帯に張り巡らせており、何をするかわからない諜報機関である。ただ今回は事故のようだ)

 0805_04.jpg