アイコン 包装資材製造・販売の「いしだ屋」/事業断念、弁護士一任 <東京> 新型コロナ関連倒産

Posted:[ 2021年7月27日 ]

包装資材製造・販売の(株)いしだ屋(登記簿上所在地:東京都千代田区神田東松下町***)は7月21日、事業を停止して、事後処理を弁護士に一任した。

負債総額は約10億円。

資本金は3050万円。




同社は平成21年7月に設立、新型コロナの影響で業績が急激に悪化し事業を断念、今回の措置となった。

担当弁護士には弁護士法人北浜法律事務所東京事務所の吉田広明弁護士(電話番号:03-5219-5151)が任命されている。

 


スクロール→

 

破綻 要約版

1

破綻企業名

(株)いしだ屋

2

本社地

東京都千代田区神田東松下町41-1

3

代表

石川慎司

4

設立

2009年7月

5

資本金

3050万円

6

業種

包装材製造販売

7

売上高

2020年6月期、約13億円

8

破たん

2021年7月21日

事業停止/弁護士一任

9

裁判所

未定

10

破産管財人

吉田広明弁護士(弁護士法人北浜法律事務所東京)ほか

電話:03-5219-5151

11

負債額

約10億円

12

破綻事由

同社は電子レンジに対応した包装材の製造販売を手がけ、業績を伸ばしてきたが、新コロナにより急激に販売不振に陥り、今回の事態となった。

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。