アイコン 追報:水産物輸入の「カテナ貿易」/破産手続き開始決定 <東京・中央区>

Posted:[ 2021年7月31日 ]




 


スクロール→

破綻 要約版

1

破綻企業名

カテナ貿易(株)

2

本社地

東京都中央区日本橋馬喰町1-6

3

代表

安藤忠久

4

設立

1983年4月

5

資本金

4000万円

6

業種

生鮮魚介類卸

7

売上高

以前のピーク期、約20億円

2020年4月期、約3億円

8

破たん

2021年7月7日

破産手続きの開始決定

9

裁判所

東京地方裁判所

10

破産管財人

足立格弁護士(村田・若槻法律事務所)

電話:03-3263-0480

11

負債額

約3.5億円

12

破綻事由

同社は雲丹など生鮮魚介類を輸入して、寿司ネタなどの加工業者などへ卸していた。以前は業績を伸ばしたが、リーマンショック以降消費不況が長く続き、大手の参入などから競争も厳しく、一方で世界的な魚介類の消費拡大により仕入れコストは上昇し、同社は採算割れなど発生、赤字経営から債務超過に陥っていた。

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。