アイコン 2月の国内造船所の業況/国交省

国交省が13日発表した全国主要53造船所の業況は次のとおりとなっている。
概況
平成27 年2 月分の造船主要53 工場の鋼船受注・建造実績は、受注4 隻、16 万5 千G/T、起工22 隻、79 万7 千G/T、しゅん工29 隻、77 万G/T、しゅん工船価895 億円、生産指数51.9 であり、生産指数の前年同月比は、▲25.5%減であった。

このうち、国内船のしゅん工実績は、合計4 隻、8 千G/T、生産指数139.0 であった。内訳は、自動車航送船が1 隻、その他船舶が3 隻であった。また、輸出船のしゅん工実績は、合計25 隻、76 万2 千G/T、生産指数47.5 であった。
内訳は、貨物船が21 隻で、そのうち、一般貨物船2 隻(シンガポール、パナマ向け)、ばら積み船9 隻(パナマ、マーシャル諸島等向け)、鉱石兼ばら積み船8 隻(パナマ、バミューダ諸島等向け)、セメント専用船1 隻(インドネシア向け)、木材兼ばら積み船1 隻(パナマ向け)であった。
油送船は4 隻で、そのうち、一般油送船1 隻(バハマ向け)、LPG 船1 隻(シンガポール向け)、
化学薬品船2 隻(パナマ向け)であった。

鋼船修繕実績は、102 隻、工事金額30 億円であった。

以上。
1~3月の世界の受注状況(過去記事)
http://n-seikei.jp/2015/04/post-28142.html

 

[ 2015年4月16日 ]
スポンサード リンク

 

コメントをどうぞ

関連記事

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 
JCNET注目記事!
PR いま建設業界の求人が急増中、当サイトおすすめのワークポートが便利です。


PICK UP

↑トップへ