アイコン 台風18号 韓国南部を横断へ 九州北部は強風・竜巻に注意/2日06時現在

 

スポンサード リンク
 

台風18号は中国沖の東シナ海から黄海へ向かい、2日深夜にも韓国南部の西海岸に上陸、北東へ進み慶尚北道から(3日12時ころ)日本海へ抜けると予想されている。

  台風は韓国の星州付近を通過する予想がなされているが、文政権が環境調査を口実に星州町から基地へ高圧電線をいまだ通しておらず、道路も文派ロウソク民心隊が封鎖し、拡張工事すら行われていない。食料や発電用燃料はヘリで空輸されている。そうした文政権にトランプはしがみついている。
銭で人を動かすCIAでも送り込んだ方が手っ取り早いだろうが・・・。

 

台風第18号 (ミートク)/気象庁
2日06時の実況
存在地域
東シナ海
上海沖
中心位置
北緯 31度10分(31.2度)
東経 123度10分(123.2度)
進行方向、速さ
北北東 20km/h(12kt)
中心気圧
985hPa
中心付近の最大風速
30m/s(55kt)
最大瞬間風速
40m/s(80kt)
25m/s以上の暴風域
全域 110km(60NM)
15m/s以上の強風域
北東側 440km(240NM)
南西側 330km(180NM)
黄海北東方面を横断
3日06時予想
存在地域
朝鮮半島
THAAD配備基地の星州付近
予報円の中心
北緯 36度25分(36.4度)
東経 128度25分(128.4度)
進行方向、速さ
北東 35km/h(19kt)
中心気圧
992hPa
最大風速
23m/s(45kt)
最大瞬間風速
35m/s(65kt)
予報円の半径
90km(50NM)
 
↓2日07時30分現在の衛星画像
1002_02.jpg
 
 
1002_03.jpg

[ 2019年10月 2日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ