アイコン 長崎市の田上市長も五島市の野口市太郎市長も10円以下の市長である。

 

スポンサード リンク
 

市側は請求却下を求め、争う姿勢を示している。    


1116_02.jpg
10円の値打ちもない野口市長

挑戦者 丸田たかあき
http://maruta.sankei-mrt.co.jp/

長崎市では、リゾート施設「やすらぎ伊王島」を市が著しく安価で民間に売却したのは違法だとして、同市の経営コンサルタント野田博康さん(70)が、鑑定評価額と売却額の差額8億7400万円を田上富久市長に補塡(ほてん)させるよう市に求めた訴訟の第1回口頭弁論が11日、長崎地裁(土屋毅裁判長)であった。

市側は請求却下を求め、争う姿勢を示している。

訴状によると、同施設の不動産価値について、市が依頼した不動産鑑定士は13億1千万円、売却先の「KPGホテル&リゾート」は9億7千万円とそれぞれ評価。

市は維持補修や整備の費用がかさむとして建物を無償とし、土地だけの評価額4億3600万円で2017年4月に売却している。

施設売却を巡っては、原告が8月に住民監査を請求したが、市監査委員は売却から1年としている請求期間を過ぎているなどとして却下。

市側は答弁書で、同様の理由から訴えは不適法だとして却下を求めている。

今、五島市で問題(やがて事件になる)になっている五島市玉之浦花き栽培施設は旧玉之浦町が農業振興と雇用拡大・地域活性化の目玉として国の補助金数億円を費やして建設した温泉付きの立派な施設であり、4月までは玉之浦花き栽培施設利用組合の組合員がマンゴーやパブリカなどを栽培していた立派な施設である。

1116_03.jpg

これが10円の温泉付き施設である。

それを、あろうことか五島市は野口市太郎市長の友人で五島ふるさと大使にもなっている「HPI(ヒューマン・パワー・アイランド)」の今村勇雄氏に温泉付きの全施設を総額10円で極秘に売買していることが、明らかになっている。

1116_01.jpg
10円で国の補助金と温泉付きの施設を手に入れた
五島市ふるさと大使の今村勇雄氏と10円購入を企てた立役者と言われている元五島市副市長東條一行である。HPIの役員にちゃっかりと就任している。


一施設1円、総額で10円にした理由がふるっている。無償譲渡だと市議会に上程しないといけない、だったら一個1円、10個で10円なら議会に上程する必用も無いというのが理由だというから呆れてしまう。

長崎市の田上市長は安価で売買したとして訴えられているが、五島市の野口市太郎市長は安価どころか10円である。性質の悪さでは野口市太郎市長に軍配を上げる。

長崎市の田上市長も五島市の野口市太郎市長も10円以下の市長であることに違いは無い。

[ 2019年11月16日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ