アイコン (株)ニットク(大阪)/自己破産へ

 

スポンサード リンク
 

電気炉・各種ヒーターの製造販売会社の(株)ニットク(大阪市淀川区加島4-10-48、代表:好井日出男)は10月30日事業停止、事後処理を伊藤裕志弁護士(電話06-6110-5872)ほかに一任して、自己破産申請の準備に入った。

同社は平成7年3月に日本特殊電機(株)(廃業)の事業を承継して設立された電熱器や電気炉の製造販売会社。同社は炉型熱風装置・電気炉・シリコニット炉・熱処理炉・乾燥炉・特殊電気炉、空調機用ヒータ・電車暖房用ヒータ・乾燥機用ヒーター・オイルプレヒーター・海水及び化学薬品加熱ヒータなどを受注生産していた。

しかし、安価な中国製電気炉などが浸透し、また、昨年の豪雨などで工場が被災するなどし、経営にも支障が出、最近は資金

繰りにも窮するようになっていた。

[ 2019年11月18日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ