アイコン 平戸沖の沈没船事故で強制捜査

 

スポンサード リンク
 
 

平成29年(2017)佐賀県と長崎県が領海問題で紛争中のグレーゾーンで海砂を採取している長崎市の海砂採取企業・葵新建設(出口勇一社長)の所有する葵丸と台船など2隻が沈没し、3人が死亡した事故を巡り、佐世保海上保安部は26日、業務上過失致死などの疑いで、船を所有する葵新建設の本社や関連先を捜索した。

1127_02.jpg

この事故は、おととし8月、平戸市沖で海底から砂を採取する「台船」と「台船」を押して動かす「押船」の合わせて2隻が沈没し、乗組員6人のうち、船員ら3人が死亡している。

この2隻の船は、地元漁協等の再三にわたる引き上げ要請を無視したまま横着にも引き上げられておらず、地元や関係者などから非難の声が上がっていた。事故について佐世保海上保安部は、業務上過失致死などの疑いも視野に、関係者から話を聞くなどして捜査を進めている。

こうした中、佐世保海上保安部は26日、業務上過失致死などの疑いで、船を所有する長崎市の「葵新建設」を捜索して、書類などを押収している。

佐世保海上保安部が船会社の強制捜査を行うのは、去年2月以来、2回目で、今後は押収した資料を分析するとともに、関係者からも話を聞くなどして捜査を進めていくことにしている。

この事故をめぐっては、ことし3月、国の運輸安全委員会が「船が引き揚げられていないため、詳細を明らかにできなかった」としながらも、「船体の修繕や安全管理が適切に行われていなかったと考えられる」とする報告書を公表している。

これについて、会社側の弁護士は「以前にも強制捜査を受けていて、なぜ、このタイミングで再び捜査されたのか、理由がよく分からない。捜査に協力し、推移を見守りたい」とコメントしている。

 

 

[ 2019年11月27日 ]
スポンサード リンク
 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産