アイコン スーパー(株)そのだ(大分・日田)/破産開始決定 「生鮮市場そのだバリュー玖珠店」

 

スポンサード リンク
 

地場スーパーの(株)そのだ(所在地:大分県玖珠郡玖珠町帆足***)は12月24日、大分地裁日田支部において、破産手続きの開始決定を受けた。破産管財人には、梅木自敬弁護士(電話0973-22-2625)が選任されている。

負債額は約8億円。

同社は昭和30年創業の地場スーパー。本店の「生鮮市場そのだバリュー玖珠店」、別府の「フレッシュそのだ鶴見エッセ店」、自衛隊玖珠駐屯地内の3店舗を運営し、以前は24億円以上の売上高を計上していた。

しかし、その後は過疎化や同業者との競争が激しくなり、売り上げ不振に陥り、令和元年8月期には売上高が10円を割り込み赤字経営が続き債務超過に至り、支払い問題から主力取引先の1社から取引を停止され今回の事態に至った。

[ 2019年12月25日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
JCNET注目記事!

ピックアップ倒産情報



PICK UP


PICK UP - 倒産