sponsored

フランスのルドリアン外相は3日、「イランに対し、原油を担保にした融資を提案している」とパリで記者団に明らかにした。

仏紙ルモンドは、仏政府が150億ドル(約1兆6000億円)の融資を3度に分けて行うことを計画していると報じた。

ルドリアン氏は融資条件としてイランに対し、2015年の核合意順守に加え、地域の安全や「25年以降の計画」について対話を求めていると述べた。

15年の核合意は、イランにウラン濃縮で10年間の制限を定めていた。ルドリアン氏は融資の実施には、米国の対イラン制裁の緩和が前提となるとも述べた。

マクロン仏大統領は8月末、仏ビアリッツで行われた先進7ヶ国(G7)首脳会議(サミット)で、トランプ米大統領とイランのロウハニ大統領との会談に向け、仲介外交を進める意欲を表明していた。

今週には、イランのアラグチ外務次官がパリを訪問しており、仏側と融資提案について協議したとみられる。

以上、

安倍首相はイランへ乗り込んで行ったがこれといった成果は得られなかった。ただ、パイプ役としての存在としての地位は確保された。

仏マクロンはもっとビジネスで問題を解決しようとしている。

ただ、米トランプはイスラエルの言いなりになっており、サウジもUAEも敵視しているイランに対し、和解し制裁を緩和するとは思われない。

トランプにとってイランは、すでに北朝鮮と同様な扱いになっている。核開発は当然ながら、イスラエルやサウジに脅威となる弾道ミサイルの完全廃棄を絶対条件にするはずで難しいだろう。

米国の政権交代を待つしかない。