sponsored

非上場のぺんてる株を断りもなしに取得したとして対立が続いていた文房具メーカー最大手の「コクヨ」(大阪、1905年創業、1938年法人化)と筆記具メーカー「ぺんてる」(東京、1911年創業、1946年3月設立)。

ぺんてるの2019年3月期の売上高は235億円、営業利益0.7億円、純利益3.8億円、従業員773人、総資産335億円、純資産123億円。

「コクヨ」は、これまで投資ファンドを通じて保有していた「ぺんてる」の約37%の株式を、業務提携を求め直接取得したと発表し、両社は協力関係を築くための話し合いを始めることで合意した。

「ぺんてる」側は、この株式保有について事前の連絡がなかったとして反発、対立が続いてきた。「コクヨ」は24日、投資ファンドから「ぺんてる」の株式を取得し、直接、保有することになったと発表した。
保有する株式の割合は変わらないが、法律上、経営の重要事項について拒否権を持つ直接の株主となることで「ぺんてる」に対して強い影響力を持つことになる。

これまで反発してきた「ぺんてる」側も24日の取締役会で、株式の取得を承認し、両社は協力関係を築くための話し合いを始めることでも合意した。
話し合いのテーブルにつくことを決めた「ぺんてる」は、「協力関係を築くことができるのかどうかを含めた協議をすべきだと判断した」とコメントしているという。

ペんてる創業家は、2018月3月に日本政策投資銀行傘下の投資ファンドにぺんてる持株を売却(発行株式総数の約37%)し、当ファンドが筆頭株主となり、2019年5月にコクヨが当ファンドを買収し間接的に筆頭株主になっていた。
当初から計算されていたようだ。

ぺんてる創業者:堀江幸夫⇒息子の利幸氏が2代目となったが急死、利幸氏の息子の圭馬氏が2002年6月に32歳で3代目に就任、2012年5月に現代表の和田優氏が代表就任。
現在50歳前後の堀江圭馬氏と現代表の和田優氏の間で何かあったのだろうか。