sponsored

シンガポール政府は11月4日から、電動式のキックスケーターで歩道を走ることを禁止した。同国では、電動キックスケーターの普及にともなって事故が急増し、少なくとも1人が死亡している。

ラム・ピンミン運輸担当上級国務相が3日の議会で語ったところによると、12月31日までの移行期間で利用者に周知させ、年明けから新法を厳格に適用する。

違反者には罰金2000シンガポールドル(約16万円)または最大3ヶ月の禁錮刑を科すが、障害者は対象外とする。

シンガポールでは9月末、自転車に乗っていた女性(65)が電動キックスケーターと衝突。現地紙ストレーツ・タイムズによると、女性は脳の損傷により、数日後に搬送先の病院で死亡した。

電動キックスケーターでの歩道走行はフランスでも禁止されているが、罰金は135ユーロ(約1万6000円)と、シンガポールの10分の1にすぎない。

ラム国務相によると、電動キックスケーターは通勤や宅配サービスなどに盛んに使われ、同国全体で10万台近くまで増えた。当局は安全指導やスピード制限、免許制度などによる対策を試みたが、違反者は毎月平均370人に上り、事故は増え続ける一方だった。

同氏は「歩道の走行を禁止するのは苦渋の決断だが、歩行者が安心して道を通るためには必要な措置だ」と語った。

以上、

日本では公道の歩道・車道ともに走行禁止。

公道様式の電動キックスケーターで原付登録が必要。

日本の歩道での自転車走行禁止は、自転車走行レーンもほとんどなく、自動車運転者として危なくて仕方がない。渋滞時には直前を急に横切ったりして我が物顔で走行する。大都会の中心街だけにしてもらいたいものだ。