味の素は30日、1月~3月にかけて募集した早期退職優遇制度に相当する「特別転進支援施策」に、計144人の応募があったと発表した。

応募者に支給する「特別加算金」などとして2020年1~3月期に65億円の費用を計上する。

2020年3月期の業績予想には当該費用を織り込み済みだという。

以上、

味の素は100人程度としていたが、144人が応募した。

sponsored


同社は早期退職と表現せず、「特別転進支援施策」として募集していた。体裁重視の言葉でごまかす企業のようだ。

天と地をひっくり返してしまった新コロナ、経済活動ストップ、生産ストップ、外出制限、長期化すれば大不況が来ることさえ懸念されている。早期のワクチン開発が待たれている。しかし、最低でも1年以上かかるという。

 同社にしてもバイオベンチャーを買収して、同社の医薬品部門との共同研究により新コロナワクチンの一つでも開発できる企業だが・・・。