アイコン どこ行くLIXIL(リクシル) 希望退職965人応募 縮小路線へ

住宅設備のLIXIL(リクシル)は5日、40歳以上で勤続10年以上の正社員を対象とした希望退職者募集に965人が応じたと発表した。退職日は3月25日。

昨年10月に希望退職者1200人の募集を公表し、1月12日から22日までの期間で募ったが、応募は想定を下回った。

リクシルは、固定費削減や事業の効率化のため、全国の営業拠点やショールームを集約するとし、来年度には半分に減らす見通しを明らかにしている。

以上、

 

日本郵政並みの海外投資失敗、その尻拭き場面で対立、これまで君臨してきたトステム側を追い出したが、INAX・伊那製陶側が支援する経営のプロの現社長体制に。

意外と保守的な建設業界、昔のトステムの進撃を復活させることができるだろうか。それとも海外事業を売却し続け、攻めず、利益優先により縮小し続けるのだろうか。秘策は。

日本の住宅新築戸数は少子高齢化、人口減少から今後確実に減少していく。事業環境は厳しい。


 

 

スクロール→

決算推移

連結/百万円

売上高

税引前利益

20153

1,705,427

59,561

20163

1,890,450

-7,087

20173

1,633,229

70,514

20183

1,829,344

65,100

20193

1,692,432

47,598

20203

1,694,439

46,811

20213月予

1,380,000

30,500

Permasteelisa201112月買収/20178月売却(売却損は評価損として20163月期計上)

・独GROHE買収は20154月、同社中国子会社問題発覚

 

 

[ 2021年2月 6日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


PICK UP - 倒産