アイコン 新コロナ 英国で感染力7倍増の変異種株 ワクチンは有効

Posted:[ 2020年12月21日 ]

英ジョンソン首相は19日、感染力が最大で7割高いとみられる変異種の新型コロナウイルスが広がっているとして、首都ロンドンを含むイングランド南東部に事実上のロックダウン(都市封鎖)を再導入することを発表した。

ジョンソン首相は、コロナ対策を政府に提言するクリス・ホウィッティ医師とともに会見し、変異種にもワクチンは有効と説明。致死率も重症化率ももともとのウイルスより高くないとする一方、対応を急ぐ必要性を強調した。

イングランドではここ2週間、変異種ウイルスにより感染者数が急増していた。
英政府はクリスマス前後の5日間に最大3世帯が室内に集まることを認めていたが、これを撤回。
3段階に分けていた警戒レベルにさらに厳しい4番目のカテゴリーを新設し、ロンドンとイングランド南東部をここに引き上げた。

英国は最近まで全土にロックダウンを導入しており、それと同等の警戒レベル。
19日深夜から実施され、イングランドの人口の3分の1に当たる1640万人が対象となる。
不要不急の外出は制限、必需品を売る商店以外は営業が認められない。屋外では会うのは1人に限定される。
ジョンソン首相は、クリスマスに規制を緩める方針だったが、レベル4の地域では集まりが認められなくなった。対象地域以外のイングランド市民は、当日25日に限り友人や家族に会うことが許される。




ハンコック英保健相は新型コロナウイルス変異種の感染が「制御不能」に陥っていると警告し、イングランドの一部に適用されている最も厳しい制限措置はワクチンが普及するまで維持されることを示唆した。
19日深夜から実施されたロックダウン(都市封鎖)の影響で、ロンドンとイングランド南東部の住民1640万人余りが外出を控えるよう指示されており、政府はクリスマスには制限措置を緩和する計画を撤回した。
世界保健機関(WHO)は19日、変異種について英政府と緊密に連絡を取り合っているとツイッターに投稿。「英当局から引き続き分析結果や進行中の研究について情報を受けている。変異種ウイルスの特性や影響は、分かり次第(WHOの)加盟国や国民に伝える」とした。

英国は、ワクチン接種が始まっているが、ある程度行き渡るまで感染力の強い新コロナ変異種株に悩まされ続けることになる。
以上、

ジョンソン首相は自ら感染し、一時重症に陥ったとされ、決断が早くなっている。
日本の新コロナウイルスも12月の分は感染力が強くなった変異株かも知れない。

 


スクロール→

新コロナ イギリス感染状況

人口

6,804万人

 

感染者数

日平均

死亡数

日平均

9月

129,252

4,308

642

21

10月

546,535

17,630

4,412

142

11月

617,996

20,600

11,893

396

11月上旬

357,658

23,844

5,379

359

11月下旬

260,338

17,356

6,514

434

12/10まで

158,127

15,812

4,634

463

12/20まで

252,364

25,236

4,319

431

累計

2,040,147

 

67,401

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。