アイコン ファイザーワクチン年内生産50%引き上げ10億人分生産へ 20億回分生産へ

Posted:[ 2021年1月12日 ]

独バイオベンチャーのビオンテックは11日、米製薬大手ファイザーと共同開発した新型コロナウイルスのワクチンについて、2021年の生産能力を従来の13億回分から20億回分に、約50%拡大すると発表した。

新型コロナの感染拡大が続くなか、世界的なワクチン需要の増加に対応する。

ビオンテックのウグル・サヒン最高経営責任者(CEO)が、同日開幕した世界最大級の製薬業界の国際会議「JPモルガン・ヘルスケアカンファレンス」で明かした。

ファイザーとビオンテックが米国とベルギー、ドイツに持つ6つの拠点で生産能力を拡充。雇用を拡大し、夜間の稼働も増やす見通し。すでに世界から10億回分以上の発注を受けている。

ファイザーとビオンテックは8日、英国と南アフリカで確認された変異種にも効果があることを示す研究結果がでたと発表している。ただし、日本がWHOに通知した英・南ア混合型と見られるブラジル型の変異種については不明。




同ワクチンについては、日本は6千万人分(1.2億回分)の購入契約を締結しており、現在、日本は独自に再臨床させている。その間にいっぱい感染し、いっぱい死んでいくのだが・・・。

日に5000人感染した場合、致死率1%でも毎日50人が亡くなっていく。10日で500人、40日で2000人が亡くなってく。

同ワクチンについての副作用はアレルギー性のアナフラキシーの発症(劇症)が約190万人の接種で29人にあったと報告されたが、対応医療処理で全員治癒し退院しているという。

死亡例は報告されていない(基礎疾患を悪化させて死亡した事例等は発表されていないのか、含めてまったくないのか、死亡例は0となっている)。

なお、同社はアナフラキシーを発症した人はアレルギー持ちの人がほとんどであり、アレルギー持ちの人の接種は控えるように呼びかけている。

若い人たちの致死率はきわめて低いが、後遺症に苦しむ人たちも多い。

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。