アイコン ワクチン接種の60代の医療従事者女性死亡

Posted:[ 2021年3月 3日 ]



厚労省は、2月26日から医療従事者から開始された米ファイザー製ワクチン接種、4日前に接種した医療従事者の60代女性が1日、死亡したと明らかにした。

国内で接種を受けた人の死亡が確認されたのは初めて。

死因はくも膜下出血と推定され、女性が接種を受けた医療機関は「接種との因果関係は現時点で評価できない」と報告しているという。

2日になって接種が行われた医療機関から、女性が1日死亡したと報告があったという。

医療機関からの報告によると、女性には基礎疾患やアレルギーはなく、死因はくも膜下出血と推定され「現時点で接種との因果関係は評価できない」という。

厚労省は、今後、専門家部会で詳しく検証することにしている。

以上、

 



新型コロナウイルスはヒトの脳も含め数多くの部位に進入し犯す、ワクチンも当然、いろいろなところに反応する。ワクチンは体内では血液やリンパ液に入り、全身に行き渡る。

そうしたことから、接種後の副作用は多岐にわたっている。副作用はほとんどの人は軽度であり、2日もあれば消滅するという。当該の女性は健常者、医療業務に疲れ果てていた可能性もある。

遺族が解剖を許可しなかったら何もわからないだろう。献体。人体実験。

まず、ワクチン輸入遅れにより、それほど接種もしていないだろう。

 

 


 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。