アイコン 「上海の緑光小児教育閉鎖、計画倒産を疑われる」「ホテルオークラ札幌が閉館」ほか/倒産・不況ニュースピックアップ

Posted:[ 2021年9月21日 ]

倒産バナー


倒産、自己破産、がん… 山寺の住職は毎朝思う「人生はこれからだ」

倒産と大病。生きていく厳しさと、生きていける喜びを知って住職になった男性がいる。任された小さな山寺をもり立てることに生きがいを感じ、境内を整え、寺を開放し、御朱印を書く日々。いつしか多くの人々が集う場所になった。

 山あいに果樹園が広がる群馬県沼田市下発知(しもほっち)町にある石尊山(せきそんさん)観音寺。500年ほどの歴史があり、背後に戸神山がそびえる。住職の五十木(いかるぎ)晃健(こうけん)さん(66)は毎朝こう思う。「よし、俺の人生はこれからだ」



上海の「学習塾」閉鎖、保護者が計画倒産を疑う訳

9月3日午前、20年近い歴史を持つ上海の老舗学習塾の「緑光小児教育」が教室の閉鎖を突然発表した。我が子を通わせていた数千人の保護者は、苦情の訴え先もなく途方に暮れている。同社が保護者に払い戻していない授業料は、少なくとも数千万元(1元=約17円)に上る模様だ。

緑光小児教育は児童向けの英語教育からスタートし、算数、国語、晩託班(訳注:放課後に児童を預かり宿題指導も行うサービス)などへと業務を拡大。直近は上海で30カ所近い教室を運営していた。



スポンサーリンク


「ホテルオークラ札幌」閉館、「ホテルアルファ」から札幌の街と歩んだ41年間に別れ

札幌市中央区南1条西5丁目の「ホテルオークラ札幌」が、9月20日で閉館した。1980年にホテルオークラの運営協力により「ホテルアルファ・サッポロ」として、開業以来41年間の営業を終了した。今後、建物は解体され、土地建物所有者の三菱地所(本店・東京都千代田区)がオフィスビルの建設を計画している。

 

倒産、自己破産、がん…について、ネットの反応では・・・

「43から始めたんだ、凄い勇気」

「がんとか言われたら立ち直れない自信がある」

「倒産から立ち直るってのは中々できることではない」

「失敗するからその先がある、頑張ろう」

「人間力って言葉が浮かんだわ・・・」

などの声が上がっている。

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。