アイコン (株)ディー・エス・ワイ(石川)/特別清算  「吉田屋山王閣」は新吉田屋で継続営業中

江戸時代創業の山代温泉「吉田屋山王閣」元経営の(株)ディー・エス・ワイ(大阪市中央区伏見町3-2-4、代表清算人:池田佳史弁護士)は2月2日、大阪地方裁判所において、特別清算の開始命令を受けた。

負債額は約12億円。

スポンサード リンク

同社は江戸時代末期創業の加賀・山城温泉「吉田屋山王閣」、(株)吉田屋で経営していたが、消費不況による集客不測、設備投資に伴う借入過多により経営不振が続く中、北陸新幹線開業による集客増となったものの、改修工事などを控え財務体質を改善させるため、会社分割を行い、新(株)吉田屋に事業譲渡、旧吉田屋は(株)ディー・エス・ワイに社名変更および本店所在地を変更し、解散を決議していた。

 

 

 

 

スポンサード リンク
[ 2018年2月 8日 ]

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ