アイコン 協業組合ジャパンウッド(静岡)/破産開始決定

木材加工組合の協業組合ジャパンウッド(静岡市葵区内牧855、代表理事:南條至朗)は1月23日、静岡地方裁判所において、破産手続きの開始決定を受けた。破産管財人には、松田隆広弁護士(電話054-202-6840)が選任されている。

スポンサード リンク

負債額は約4億5千万円。

同社は昭和60年9月設立の木材加工業者。同社は地元産材の杉・檜などを住宅向け内装材に加工して卸販売していた。しかし、住宅不況から販売競争激化して売上不振に陥り、経営不振から今回の事態に至った。

スポンサード リンク
[ 2018年2月 1日 ]

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ