アイコン (株)ヴィクトリー(静岡)/事業停止・破綻

 

 

節水システムの(株)ヴィクトリー(静岡県三島市西若町9-20、代表:昆勝男)は3月9日、事後処理を大友道明弁護士(電話043-221-4060)に一任して、事業を停止した。

負債額は約3億円。

スポンサード リンク

同社は平成5年8月設立の節水システム開発・販売会社。水道水の大量利用者であるホテルや官公庁・福祉施設などを対象に平成18年8月期には約6億円の売上高を計上していた。しかし、その後は同業者間の競争激化、設備投資の減退などから売り上げ不振が続いていた。

スポンサード リンク
[ 2018年3月22日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ