アイコン 軽自動車が鹿児島線 東福間駅構内線路上に転落 福岡県福津市

 

スポンサード リンク
 

福岡県福津市にあるJR鹿児島線の東福間駅で、軽乗用車が線路上に転落し、運転していた男性が病院に運ばれた。

6日午後2時27分ごろ、通行人の男性から「軽乗用車が線路上に転落した」と消防に通報。

この事故で車を運転していた男性が病院に運ばれ、意識はあり手当てを受けているということだ。

現場の東福間駅は南側が高台になっており、警察は軽乗用車が南側のロータリーから突っ込んで線路に転落したものとみて調べている。

JR九州によると、この事故の影響でJR鹿児島線は折尾と福間駅間の上下線で運転を見合わせているほか、一部の列車に運休などが起きている。

以上、報道参照

 南口ロータリーは歩道が一段高くなっており、フェンスもある。駐車と通行車両が通れる小さなロータリーでスピードも出せない。よほどの勢いで歩道に乗り上げ、フェンスも破り、転落したものと見られる。高さは7メートル前後ある。

0906_05.jpg

[ 2019年9月 6日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ