アイコン 国内最大級の「山倉水上メガソーラー」で火災 台風被害の影響 ダム湖ソーラー

 

スポンサード リンク
 

千葉県の市原市消防局によると、9日午後1時ごろ、市原市山倉にある「山倉ダム」の水面を活用した「山倉水上メガソーラー発電所」(5万枚/13.7メガワット)で、「太陽光パネルが燃え、黒い煙が出ている」と近くにいた人から通報があった。
現在、消火活動が行われているが、消防によると、太陽光パネル50枚ほどが燃えているとみられるということです。これまでにけが人の情報はないという。
この「水上メガソーラー」には、5万枚以上の太陽光パネルが使用され、面積は約18ヘクタールと、水上ソーラーとしては国内で最大規模だという。

現場では太陽光パネルが重なったり、めくれあがったりしていたという。消防は、台風による強風の影響で太陽光パネルが発熱し、めくれ上がり重なり燃えた可能性もあるとみて調べている。
以上、

ダム湖は大きすぎ、台風の風には固定することもできない。今回の台風は千葉市を直撃している。市原氏も相当な風が吹いたものと見られ、それもソーラーは丘陵地にある。

0910_02.jpg
 
基本データ
運営体制事業者:京セラTCLソーラー
事業者の所在地:東京都千代田区神田練塀町
発電所名:千葉・山倉水上メガソーラー発電所発電所
所在地:千葉県市原市山倉地先
運転開始:2018年3月5日
発電所の体制:電気主任技術者(常駐)建設京セラコミュニケーションシステム運転・保守京セラソーラーコーポレーション
発電設備機器構成:太陽光パネル、フロート、接続箱、パワーコンディショナー、
変圧器メーカー/製品/台数:太陽光パネル:京セラ/多結晶シリコン(270W)/5万904枚、フロート:シエル・テール/Hydrelioシステム、パワーコンディショナー:SMA/SUNNY CENTRAL 500CP-JP/23台
最大出力:13.7MW
送電出力:11.5MW年間発電量1617万kWh(想定)
設備利用率:16%(送電出力ベース)
電力供給先:東京電力エナジーパートナーFIT認定取得2015年2月13日

収支計画:事業費非公表事業期間20年年間売上高非公表(約5億円、推定)
運転維持費:非公表年間売電量1617万kWh(想定)売電単価32円/kWh
資金調達先:東京センチュリー、京セラ投資回収年数非公表
補助金:なし

 

[ 2019年9月10日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ