韓日台混成の韓国の人気ガールズグループ、TWICE(トゥワイス)がソウルで来月開催予定としたワールドツアーの最終公演が、韓国内での新型コロナウイルスの感染拡大に伴い中止となった。
所属事務所のJYPエンターテインメントが24日、発表した。
公演は来月7、8両日にソウルのオリンピック公園KSPO DOME(オリンピック体操競技場)で行われる予定だった。

韓国では、大邱市の新興宗教「新天地イエス会」の礼拝参加者の間で感染が急拡大、大邱教会の礼拝には全国の信者も参加しており、感染は全国へ瞬く間に拡散され、これまでに信者らが500人ほど感染している。

sponsored

また宗教団体の感染と関連があるとされる清道テナム病院の院内感染も110人以上に拡大し、韓国の感染者数は18日までは31人だったものが、24日現在では27倍の833人の感染者が確認されている。

韓国の感染拡大でイスラエル政府は24日、事前予告なしに韓国経由の外国人の入国を禁止し、聖地巡礼の数百人の韓国人ツアー客の飛行機がテルアビブ空港に到着したものの、飛行機から降りることを許可せず、イスラエル政府が負担したチャーター機を用意し、そのまま帰国させた。

また、聖地巡礼で1300人滞在している韓国人に対しても、イスラエル政府が負担したチャーター機を用意するからすぐに帰ってくれと要請している。
イスラエルは、自己利益だけのユダヤ人の世界、利を損なうコロナウイルスに対して戦時体制同様の措置をとっている。

日本のTWICEファンも多く参加することから、中止により参加者の感染確率は大幅に下がると見られる。コロナウイルスが終息すればいつでも開催できる。終息しないウイルス感染症はこれまでない。

0225_01.jpg