サムスン電子の総合技術院は10日、次世代バッテリーとして注目を集めている「全固体電池」の寿命と安全性を高め、サイズも半分に減らせるオリジナル技術の開発に成功したと発表した。

サムスン電子総合技術院は、一回の充電で800キロを走行できるし、1000回以上の再充電が可能な全固体電池の研究結果を、ネイチャー誌に掲載したと明らかにした。

全固体電池は、バッテリーの陽極と陰極との間にある電解質を液体から固体に置き換えたバッテリー。現在、ほとんどのバッテリーメーカーが生産しているリチウムイオンバッテリーと比較すれば、はるかに大容量のバッテリーを作ることができるし、安全性も高い。
しかし、一般的な全固体電池に使われるバッテリーの陰極素材の「リチウム金属」は、再充電するとき、陰極表面に詰まってバッテリーの分離膜を毀損して、結果的にバッテリーの寿命と安全性を落とすいわば「デンドライト」の問題を解決しなければならない技術的難題があった。

sponsored


サムスン電子総合技術院は、サムスン電子の日本研究所と共同で「析出型リチウム陰極技術」を世界で初めて適用して、難題解決の糸口を手にした。

サムスン電子総合技術院のイム・ドンミン・マスターは、「今回の研究を通じて、電気自動車の走行距離を大幅に伸ばすコアオリジナル技術を確保した」とし、「全固体電池の素材と量産技術の研究を通じて、次世代バッテリーの限界を克服していきたい」と語っている。

以上、
全固体電池の開発は自動車メーカーや電池専業メーカーが開発にしのぎを削っている。すでに全固体電池のコア技術そのものは開発されており、車両搭載用への小型化と放電出力の安定性が課題となっていた。
サムスン電子の開発がどこまで進んでいるのか不明だが、量産技術が可能レベルかどうかは不明な点も多い。でなければ一挙に全固定電池にシフトした方がライバルたちを蹴落とすことができ、圧倒的に有利に展開することができ、サムスンSDIが即、全固体電池生産に動くはずだ。

トヨタも全固定電池を開発しているが、小型化に難儀している。トヨタは、パナ社と産総研も入れて小型化をはかっているが、頭デッカチで開発が遅れているようだ。
トヨタは、パナ社や産総研の関係する頭脳だけ提供してもらえば、もっと早く開発できたものと見られるが・・・。
国の機関が関係するとヒモも付いてくることからろくなことはない。今後は頭脳だけ、提供してもらうべきではないだろうか。パナ社には新製品の開発技術力はなく、量産化するための技術開発担当だろう。世の中には得て不得手というものがあるが、紐は絡まることから最初から除外すべき。
トヨタもパナ社も雁首揃えて、サムスン電子に先を越されたようだ。