中国南部から日本を縦断している梅雨前線、気象庁によると九州では集中豪雨をもたらす「線状降水帯」が発生、九州北部では現在、大雨となっている。気圧が不安定なことから積乱雲も次から次に生じ、発達し大雨をもたらし続けている。

佐世保市東部には避難指示も出されている。

長崎県佐世保市付近では、午前6時10分までの1時間に120ミリ以上、また、長崎県波佐見町(焼物の町)付近でも、1時間におよそ110ミリの、災害が起きてしまうほどの猛烈な雨が降り続いている。

気象庁は、数年に一度の大雨になり、災害が起きる恐れが高まっているとして、「記録的短時間大雨情報」を、連続して発表している。洪水・土砂災害など厳重な注意が必要だ。

sponsored


今後、活発な雨雲は、次第に中国地方や北陸へも流れ込み、夜にかけ激しい雨や雷雨が予想されている。

 

0625_04.jpg