アイコン 中国では例年にない速さで洪水発生 梅雨はこれからが本番

地球温暖化の影響だろうか、日本は5月15日、過去2番目の速さで九州や中・四国が入梅したが、その梅雨前線の西方の中国でも例年より1ヶ月ほど早く降雨期を迎え、多くの地点ですでに洪水警報が発令される事態に陥っている。

昨年は7月、中国は世界最大のダムである長江の三峡ダムが決壊するのではと騒がれるほど上流域で河川が氾濫、下流域でも安徽省では増えた水を放流するためジョ河ダムを爆破したり、上中下流域で大規模洪水が続いた記憶が新しい。

中国では、揚子江(長江)流域が例年よりも早く洪水期に入っている。南部の一部地域には20日間雨が降り、中国9省79ヶ所の河川地域に洪水警報が発令された。
例年より1ヶ月近く早い。こうした状態が例年の時期まで続けば、河川や湖、貯水池の水位が急上昇している中、最悪の洪水被害が出るのではないかという懸念されている。

中国の水資源部洪水予防部の王偉躍課長は「普通、北緯20度程度の亜熱帯高気圧帯の位置が著しく北上したうえ、勢力が強い状態で北側の冷たい空気が繰り返し南下し、長江以南地域に多くの雨を降らせている」と明らかにした。

 

中国気象庁によると、今月に入り、中国中南部地域は5回の豪雨に見舞われている。雨が降った日は15~20日間で、平年に比べて2倍以上だった。5月26~27日にかけては、浙江省や江西省、福建省、湖北省、四川省、貴州省、広西省、雲南省、チベットの一部地域など広範囲にわたりに100ミリ以上の大雨が降った。

中国気象庁は「今後1週間、揚子江南部地域に大雨が頻繁に続く予想」としながら「警報信号発令時には外出を控えて浸水被害の防止に備えてほしい」と呼びかけている。

長江支流の漢江が合流する武漢市の漢口測量所は5月26日、156年ぶりに長江の最高水位を記録した。
揚子江水資源管理委員会によると、この日午前10時川の水位は25.05メートルを記録した。これは1865年の水位観測開始以来、5月に記録されたものの中で最高値となっている。
現在、揚子江中下流の水位は平年比2.3~4.1メートル高く、昨年同期比4.6~7メートル高い状態だという。これに伴い、揚子江流域気象センターは警報水準である非常レベル4段階対応を発令している。

華中の江西省の北部ではすでに洪水被害が発生している。
19日から始まった大雨で長江南岸に位置する鄱陽湖(ハ陽湖/中国最大の淡水湖、長江支流の贛江・撫河・信江・鄱江・修江などが流入し、長江水位の調整弁になっている/揚子江イルカの生息地)の水位が急激に上昇して56万人が水害の被害を受け、40万ヘクタールの農地が水に浸った。各地の道路や村で浸水被害があり、ほとんどの学校も休校になった。

江西省修河や鄱陽湖一帯は、毎年洪水被害が発生する地域だが、今年は例年より20日ほど早いと現地メディアは伝えている。

一方で水不足の台湾
昨年に続き今年も例年より梅雨前線が台湾を通らず中国大陸の内陸部を通っていることから、台湾では梅雨の時期に雨があまり降らず、昨年は特に台風も1個も上陸しなかったため、今冬から渇水状態が続いている。
台湾中部にある半導体や電子製品を集積させた工場団地なども大きな影響を受けている(台湾南部から水を購入してタンクローリーで搬入、浄化装置を新設し、排水を浄化して再循環させる方法なども取り入れている)。

今年の九州の梅雨明けは7月15日が予想されている。例年より少し早いが、まだ1ヶ月半以上あり、まだ梅雨はこれからが本番、日本も中国も大雨洪水土砂崩れ山崩れ土石流に警戒が必要だ。

↓今月24日の中国江西省九江市、揚子江南部の支流から鄱陽湖へ入り長江へ至る。

0529_01.jpg

↓九江市は地図よりもっと左で長江の南に位置する。
三峡ダムが崩れた場合、武漢・九江・安微・南京・上海あたりまで冠水するという。
ダム上流域(重慶・四川省・青海省)の雨水は、長江ダムに集まり、洪水のおそれがある場合、放水。長江の中流下流域には大きな湖がいくつもあり、その水位は常に監視が必要とされている。

0529_02.jpg

↓九州沖の梅雨前線が少し北上し九州あたりに来れば、中国側の前線も少し北上し、鄱陽湖付近を通る。
冷たいシベリア高気圧がモンゴル⇒中国へ張り出し、南からの暖かい空気の流れと衝突し、梅雨前線を形成。現在の中国の高気圧は弱く、前線は北上しやすい状況にある。
偏西風は揚子江=長江の流域を通り青海省北部の内陸部から上海⇒九州から北上しながら日本を縦断して流れている。
中国が南シナ海を埋め立てたため、南シナ海の海水温が上昇し(←虚偽)し、その湿った大気が大陸の前線に向かい流れ込み続け、中国・揚子江流域に大雨をもたらし続けている。
0529_03.jpg
 

[ 2021年5月29日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧