現代自動車の半期報告書によると、現代自動車の中国合弁法人「北京現代」は、今年上半期の売上高は前年同期比▲35.0%減2兆7,292億ウォン(約2,450億円)だった。
2017年来減少し続けている昨年同期の売上高の3分の1が消え、赤字規模は半分近く増えた。同期間の営業損失は、昨年同期より▲45.8%増の▲5,400億ウォンだった。上半期にすでに昨年の年間通期の赤字規模(5234億ウォン)を超えている。

これは新コロナ事態以後、早いスピードで回復傾向を見せている中国市場で、現代自動車だけは、むしろ逆成長した結果と解釈される。今年、第2四半期(4~6月)の中国市場の販売台数は計483万台と、前年同期比2.7%増加している。
一方、同期間の現代自動車の販売数は11万8,000台で、▲16.4%減少していた。

最近は市場シェアも史上最悪レベルに落ちた。
NH投資証券の報告書によると、先月の現代自動車の中国市場シェアは2.3%で、昨年同期より▲1.2ポイント悪化している。

sponsored


現代自動車傘下の起亜自動車の中国での業績も目立って悪化した。
起亜自動車の中国合弁法人である東風悦達起亜は、今年上半期に売上高は前年同期比▲20.0%減の1兆6,108億ウォン(約1,449億円)、営業損失は同▲417.9%拡大し▲1,928億ウォン(約173億円)だった。
以上、

米国は巨額ロビー活動により色々なことをどうにでもでき、自国内や欧米ではSNSでも情報操作できようが、中国ではSNSを情報操作することはできない。
中国では政治批判のSNS発言は当局により瞬時に取れ消されるが、こうした分野のSNSは批判的な政治的発言ができない不満のハケ口にもなっており、当局は原則触らない。当局は他国機関によるSNS情報操作もさせない。ただ、当局は国営の中央TV電視台を使い情報操作することはある。
:現代・起亜は、BMWやAudi・ランボルギーニなどから著名デザイナーなどを引っこ抜き、欧州や米国で受けるデザインに洗練されている。中身は別。