アイコン 75歳以上年収200万円以上2割負担 新コロナ事態下に医療費負担増はかる

Posted:[ 2020年12月10日 ]

菅義偉首相と公明党の山口那津男代表は9日都内で会談。75歳以上の後期高齢者の医療費窓口負担を1割から2割に引き上げる対象を年収200万円以上にすることで合意した。

これまで自民党は170万円以上を、公明党は240万円以上を主張し、中取って200万円で決着した。

2022年10月から実施する。

2022年に「団塊の世代」が75歳以上になり始めるため現役世代の負担を軽減する。

これまで、75歳以上の窓口負担は原則1割負担、年収383万円以上の人は3割負担となっている。

以上、




70歳以上が新コロナでバタバタ死んでいく中、政治家たちは関係ないとばかりに医療費値上げをはかる。国会に新コロナウイルスでも侵入しない限り、議員さんたちの目は覚めないのだろう。・・人ほど長生きする。少なくとも高齢でろれつが回らない議員は自ら辞職を決断すべきだろう。ボケ防止のために国会があるのではない。日本の将来を憂うばかり。

 

 

 

                

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。