アイコン バイデン米大統領一時特許放棄に支持表明

Posted:[ 2021年5月 6日 ]



バイデン米大統領は5日、世界貿易機関(WTO)で提案された新型コロナウイルスワクチン特許の一時放棄を支持すると表明した。100を超える国のほか、米民主党議員からも特許放棄を求める声が高まっていた。

一方、製薬業界は、バイデン氏の前例のない措置はパンデミックに対する製薬企業の対応を弱め、安全性が損われることになると警告した。

バイデン氏はホワイトハウスでのスピーチ後、記者団から特許放棄を支持するのかと聞かれ、「きょう話をするつもりだ」と述べた。

通商代表部(USTR)のタイ代表は、バイデン氏の発言後に声明を出し、新型コロナのパンデミック(世界的大流行)対応で各国を支援するため、バイデン政権として特定の知的財産権を一時放棄する措置を支持すると表明した。

タイ氏は、特許放棄に向けてWTOで文書を通じた交渉に参加するとしたが、交渉には時間がかかるとも述べた。WTOの決定には全加盟国の承認が必要になる。

WTOに加盟する富裕国は3月、貧困国向けにコロナワクチン生産を拡大するために80ヶ国以上の発展途上国が求めていた特許権の適用除外を認めなかった。

世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は、米国のワクチン特許放棄表明について「新型コロナとの闘いにおいて記念すべき瞬間だ」とツイッターに投稿し、評価した。

この日の米国株式市場では、コロナワクチンを生産するモデルナが6.19%安(儲けきっていない段階)、ファイザーは0.05%高(大儲けしている)だった。

以上、ブルームバーグ参照


製造には高度なバイオセーフィティ施設と技術が必要であり、そうした施設を持つ国は限られ、安易な製造は命取りになる。WTOがどっかのそうした施設を購入して、生産すれば問題は限られようが・・・。

製造技術とともに特許開放では、中国は米ファイザーやモデルナのようなRNA型ワクチンは開発しておらず、大喜びすることだろう。RNA型ワクチンが効かなくなるウイルスを製造したウイルス兵器にも応用できる。

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。