アイコン 尾身氏に見捨てられた大分県 政府からも分科会からも相手にされなかった

Posted:[ 2021年5月15日 ]



まん防措置は、蔓延する前にその兆候がある都道府県に対して、更なる蔓延を防止するために発すべき政府の防疫対策だろうが、そうした県が目の先にあるにもかかわらず、13日・14日の政府や分科会では検討すらされなかったのはいかがなものだろうか。

大分県の場合、14日現在、10万人当たりの1週間の感染者数を計算すれば57.3人になり、大阪や福岡に次ぐ感染者数となる。
最後の5/9~5/14までの週は6日間であり、さらに増加する。大分県の人口は111万7千人。
病院もしばらくすればパニック状態になろうか。

奈良県も大阪の通勤圏で影響を受け同じように感染者数が急上昇している。

例え、県がまん防や宣言を要請しなくても、その感染度合いを見て、判断するのが国の役割ではないだろうか。

この・では誰も医療行政執行責任を取らないのだから、早め早めの対策が国民のために必要ではないだろうか。

統計では感染者が急増し1000人の感染者が発生すれば20~30人が確実に亡くなっている。

感染を広めているN501Y型は、既存株より感染力が1.5倍強く、1.4倍重症化する確率も高いとされており、感染者が急増している県では瞬く間に用意した病床が埋まってしまうことになる。

今回の宣言追加について首相は「今が感染を食い止める大事な時期」、感染急増の県は眼中にないのだろうか。

 


0515_02.jpg

 


スクロール→

大分

 

累計

週計

 日平均

11/29

280

 

 

11/3012/5

378

98

14

12/612

508

130

19

12/1319

566

58

8

12/2026

617

51

7

12/271/2

711

94

13

1/39

821

110

16

1/1016

916

95

14

1/1723

1,032

116

17

1/2430

1,145

113

16

1/312/6

1,223

78

11

2/713

1,261

38

5

2/1420

1,283

22

3

2/2127

1,291

8

1

2/283/6

1,297

6

1

3/713

1,298

1

0

3/1420

1,300

2

0

3/2127

1,304

4

1

3/284/3

1,320

16

2

4/410

1,342

22

3

4/114/17

1,373

31

4

4/1824

1,578

205

29

4/255/1

1,907

329

47

5/28

2,224

317

45

5/914

2,768

544

91

直近7日間

58

 

 

93

59

 

 

74

510

 

 

75

511

 

 

59

512

 

 

65

513

 

 

76

514

 

 

102

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。