アイコン 銀行リストラ 中京銀行45歳以上300人以上人減らし 2兆円超資産銀行

Posted:[ 2021年6月 8日 ]

名古屋市の第二地銀の中京銀行(筆頭株主:三菱UFJ銀行)は7日、希望退職を募集すると発表した。低金利競争などで経営環境が悪化しており、体制のスリム化を図る。

地銀や第二地銀が希望退職を募集するのはまれで、金融庁は「近年、その事例には接していない」としている。

同行は「募集人員は特に定めない」としているが、2月発表の2023年度までの中期経営計画では、行員数を今年3月の約1100人から最大3割削減する方針を示している。

募集対象は45歳以上の総合職などで、募集期間は8月2~20日。応じた行員の退職金は増額し、再就職の支援も行う。

会長、頭取は2021年12月までの半年間、役員報酬を2割減額する。

約90店ある店舗についても、23年度末までに3割の約30店舗を閉鎖する計画。

2022年3月期連結決算については、退職金や再就職支援費用などがかさむとして▲25億円の最終赤字(前期は23億円の黒字)を見込んでいる。
以上、




銀行に会長はいるのかね。大手銀行ならば社会活動用に在籍させているが・・・。

給与が高くなった中高年層をターゲットにしたリストラ、そうした中高年層も住宅や子供等にお金がいくらあっても足りない年齢層だ。今時、銀行員など高報酬で採用してくれるところなどない。再就職は大変だぁ。社員より先に役員をリストラしてはいかがだろうか。

銀行はデジタル化が進化すれば無人店以外実店舗の必要性は限りなくなくなる。まずは昔の名残で銀行が多すぎる。それでも新規採用を減らし退職の自然減で対応すべきではなかろうか。今後、稼ぐ力がない=会長・頭取の能力不足の銀行からリストラが進むことだろう。親方日の丸の時代は遠に終わっているのだが・・・。

 


スクロール→

中京銀行

連結/百万円

20203月期

20213月期

22/3期予

売上高

30,924

31,446

 

経常利益

3,489

3,632

0

当期利益

2,316

2,333

-2,500

総資産

1,976,330

2,107,003

 

自己資本

99,177

110,392

 

資本金

31,844

31,844

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。