アイコン 西部電気工業/中間期 ほぼ前期並み推移

同社は、主要事業である情報通信工事業が減少したが、ソリューション事業やその他事業の増加により、受注高256億9千4百万円(前年同期比96.3%)、完成工事高227億2千7百万円(前年同期比100.4%)となった。ソリューション事業の増加は、主に各自治体が推進している地域情報化工事によるもので、その他事業の増加は、電線類地中化工事や官公庁向けのリース契約が順調に推移したことによるものであるとしている。

連結/百万円
売上高
営業利益
経常利益
当期利益
10年3月期第2四半期
22,639
-83
22
-37
11年3月期第2四半期
22,727
-70
72
-15
前年同期比
100.4%
 
327.3%
 
11年3月期通期予想
54,000
1,000
1,200
600
[ 2010年11月11日 ]
モバイル
モバイル向けURL http://n-seikei.jp/mobile/
スポンサードリンク

関連記事

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •