アイコン 高松コンストラクショングループ/中間期 利益第一主義

同社は中間期における建設業界について、住宅投資は本格的な回復には至らず、新規設備投資の抑制に伴う民間建設投資の低迷や、公共投資が引続き緊縮財政下にあるなど、極めて厳しい受注環境が続いている。このような状況のなかで、当中間期の業績は、売上高は636億94百万円(前年同期比▲20.2%減)となった。その内訳は建築事業275億96百万円、土木事業332億71百万円、不動産事業28億27百万円。利益については、売上高の減少による影響はあったものの、原価管理の徹底による工事利益率の改善や、子会社の再編を含めたグループ全体の経営資源の有効活用による効率化を推進した結果、営業利益は25億41百万円(前年同期比14.5%増)、経常利益は33億94百万円(前年同期比12.3%増)となったとしている。
傘下に青木あすなろ建設(青木マリーン)・みらい建設を擁している。

連結/百万円
売上高
営業利益
経常利益
当期利益
10年3月期第2四半期
79,783
2,219
3,022
-295
11年3月期第2四半期
63,694
2,541
3,394
1,637
前年同期比
79.8%
114.5%
112.3%
 
11年3月期通期予想
145,000
5,200
6,400
4,100
10年3月期実績
167,926
7,768
9,333
3,527

[ 2010年11月12日 ]
モバイル
モバイル向けURL http://n-seikei.jp/mobile/
スポンサードリンク

関連記事

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •