アイコン シャープ再び危機か/スマホ・タブレット用液晶2割減産 中国販売低迷

中国のスマホ業界は、シャープやJDIの液晶を多く使用しているが、その選択肢は今や広がっている。
経営再建中のシャープは、亀山第2工場(三重県亀山市)でのスマートフォンやタブレット端末用の中小型液晶パネルの生産を、昨年後半に比べ約20%減らしたと報道されている。
同工場での中小型パネルの生産比率は5割から4割程度に低下した。中国メーカー向けの販売が落ち込んでおり、生産調整して液晶事業の収益悪化を食い止めたい考え。
亀山第2工場は現在、1日に約2400枚の液晶パネル用のガラスを生産。このうち、中小型の独自液晶「IGZO(イグゾー)」は、昨年後半には1日当たり約1200枚だったが、700枚前後まで落ちている。
以上、

シャープは、日本の小企業が開発した空気清浄機モデルをそのまま盗人(訴訟)するなど、中国守銭奴の小米に足元を見られしてやられたのかもしれない。小米に対し、昨夏までは取引が高じていたものの、小米の販売量や知名度が高まるとともに、シャープに対する納品価格の下げ圧力が強く、シャープは採算性を悪化させ、今や納品を減少させていた。
今や量子ドットLEDの液晶TVが韓国勢から出品されるなど、シャープの液晶はガラパゴス化が始まっている。利益が出ないことに開発研究もおぼつかないものになっていると思われる。
がんばれシャープ!

参考、OnePlusの記事
http://n-seikei.jp/2014/12/oneplusgalaxys.html

[ 2015年1月21日 ]
スポンサード リンク

 

コメントをどうぞ

関連記事

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 
JCNET注目記事!
上海モーターショー 高級スポーツ外車一覧(04/17 14:46) 2015:04:17:14:46:37
那覇市民のみなさまへ(04/15 08:34) 2015:04:15:08:34:57


PICK UP

↑トップへ