アイコン 中国で振るいにかけられた韓国車?

スポンサード リンク

中国では、欧米日の車両価格を100とするならば、中国勢の車両は60~70、韓国系車は70~80という価格帯。
最近は、中国車両もデザインでは韓国勢に負けないほど欧米車のデザインや形態を取り入れ、国産メーカーも日の出の勢いの販売を獲得しているメーカーもある。品質面も日に日によくなって来ている。そうした、中国勢の勢いに韓国系車両は飲み込まれてきているようだ。

中国では昨年10月、1.6L未満の車両取得税が10%から5%に引き下げられ、急速に売り上げ台数を回復させてきた。その回復の主導権を握ったのは中国の国産メーカー車であった。そうした中、韓国勢もやっと秋に新車攻勢に出て、売上台数を回復させてきた。
ところが、今年に入り、中国市場は減税効果が一巡したのか、その伸びが大幅に鈍化、2月に至ってはマイナスとなっている。
その影響を一番受けているのは韓国系車、1月は前年同月比▲22.3%減、2月は▲21.7%減と悲惨な状況に陥っている。秋に出した新車攻勢の勢いも2ヶ月あまりで終了した格好だ。

中国の新聞などの公の報道は、裏で政治的な報道が見え隠れしており、車両購入予定者の車情報取得は、メーカー側の直接情報を除けば、車両専門誌やネットに限られている。そうした情報が影響したのか韓国勢の20%台の2ヶ月連続の落ち込みは痛い。

アメリカでは2月、中型車分野で韓国車がベンツの販売台数を抜いたと韓国紙は大喜びしているが、そもそも価格があまりに違いすぎ、ライバルにすること事態が無理な話。日本の報道機関は、過去からそうした記事は掲載しないのであるが、天上天下唯我独尊状態の韓国、何でもどこそこに勝った、日本に勝ったと毎日紙面を賑わしている。
韓国紙は、中国でここまで売れなくなっている韓国勢車両の問題点を研究・解説した方がよほどよいと思われるが、一切触れないのは、韓国人性格も影響しているようだ。

・・・続きへ

 

スポンサード リンク
[ 2016年3月19日 ]

 

コメントをどうぞ

関連記事

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ