アイコン 2017年の首都圏マンション 27年ぶりの高値 前年比7.6%高 最高価格15億円

スポンサード リンク

不動産経済研究所が22日発表した2017年の首都圏(東京、神奈川、埼玉、千葉各都県)の新築マンション1戸当たりの平均発売価格は、前年比7.6%高い5908万円となった。過去最高だったバブル期の1990年(6123万円)以来、27年ぶりの高水準となった。

◎平均価格は7.6%上昇の5,908万円と’90 年以来の高値に。m2単価は8.3%上昇の85.9万円。
◎年間供給は0.4%増の3万5,898戸と4年ぶりの増加。初月契約率は68.1%。

東京都心部の億ションなどの高額物件の需要が引き続き強く、平均価格を押し上げた。
マンションは一段と「高根の花」になっており、2017年の発売戸数は、ほぼ横ばいの3万5,898戸にとどまった。過去最多は2000年の9万5,635戸。

<地域別販売状況>
東京都区部8.5%増、
都下▲1.3%減、
神奈川県▲2.7%減、
埼玉県1.5%増、
千葉県▲21.1%減。

<マンション価格>
東京23区の平均価格は6.9%上昇の7089万円。特に都心部は利便性の高さと将来転売しやすい安心感などから富裕層の人気が集中。1億円を超えるいわゆる「億ション」は52.4%増の1928戸となった。
地域別平均価格は
東京都区部7,089万円、
都下5,054万円、
神奈川県5,524万円、
埼玉県4,365万円、
千葉県4,099万円。

<億ション>
億ションは1,928 戸。前年は1,265 戸、663 戸/52.4%の増加。過去最多は1990 年の3,079 戸。
 最高額は15 億円(「パークコート青山ザ タワー」、港区、26 階建、全163 戸、専有面積234.04 m2、m2単価640.9 万円)。
<販売初月契約率>
発売月に契約が成立した物件の比率は68.1%と好調の目安とされる70%を2年連続で割り込んだ。
東京都の郊外地域や埼玉県では60%を下回った。「価格の高水準が続き、郊外は低調な状態が続いている」という。

<12月の販売在庫数>
12月末の販売在数は7,106戸、前年末は7,160戸で54戸の減少。

<2018年は5.9%増の3.8万戸予想>
2018年年の供給は3 万8,000 戸程度の予測。対2017 年比では5.9%増となる見込み。

以上、報道参照

0123_04.jpg

<↓最高級マンション「パークコート青山ザ タワー」最高額15億円>
0123_03.jpg

 

スポンサード リンク
[ 2018年1月23日 ]

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ