アイコン 「ライフタウンYUTAKA」の(株)須崎スーパーストア(高知)/破産開始決定

(株)須崎スーパーストア(高知県須崎市西糺町4-18、代表:中平誠介)と関連で飲食店経営、惣菜製造の(有)中平百貨店(高知県須崎市西町1-12-19、代表:中平明美)は1月17日、高知地方裁判所において、破産手続きの開始決定を受けた。破産管財人には、西森やよい弁護士(電話088-873-0888)が選任されている。

負債額は須崎スーパーストアが約16億円、中平百貨店が約4億円。

スポンサード リンク

須崎スーパーストアは昭和38年1月設立の食品スーパー「ライフタウンYUTAKA」など運営する会社。平成23年3月期には7店舗で約46億円の売上高を計上していた。しかし、少子高齢化、人口減、同業者の進出などから競争激化から、売上高が平成28年期には約19億円まで減少、不採算店舗の閉鎖など行ってきたが、財務内容も悪化させ、先行きの見通しが付かないことから一昨年末で店舗を閉鎖していた。

中平百貨店は須崎スーパーストアに連鎖した。

スポンサード リンク
[ 2018年1月26日 ]

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ